銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

カードローンの主な審査基準として考えられるもの。

読了までの目安時間:約 3分

■カードローンの審査基準について まずカードローンの審査の基準としては申し込み内容に不備が有れば即弾かれてしまいます。その他の審査基準としては考えるものは以下のものが考えられます。 ・申し込みブラックになっていないかどうかを確認しています。(1か月以内に複数件数の申し込みを行っていている事) ・借り入れの件数及び残高を確認しています。(いずれも少ない方が審査が通りやすいと言えます) ・以前に債務整理等を行っていないかや返済の延滞等の事故情報が信用情報機関に送られていないかを確認します。(延滞等の情報が登録されていれば勿論審査は通りにくく  なってしまいます)■信用情報機関について カードローン以外でもローンの審査の際に情報を確認する機関に信用情報機関という所がありますが、日本では主に3か所有ります。JICCとCICと全国銀行協会と有り、それぞれの情報機関に加盟している会社や銀行は異なりますがいずれの情報機関の情報もリンクして確認する事が出来ます。例えばCICに延滞の情報が登録されていると他の機関でも情報が確認できますので銀行のローンなどの審査が通らなくなった等といった事が有ります。■審査への対策として 審査に少しでも通りやすくするためには第一は正確に申し込み事項を記入する事です。特に借り入れ件数や残高等についてはごまかしても審査の時にバレてしまい審査に落ちやすくなってしまいます。第二としては借り入れ希望金額を欲張りすぎない事です。あまりにも借り入れ希望金額が高い場合は審査が慎重になってしまい少しのネガティブな情報だけでも落とされてしまう事も有ります。第三に短期間で多くの件数を申し込み過ぎない事です。短期間に申し込み件数が多いという事はお金に逼迫していると思われていても仕方有りません。最低限一度否決になったら3か月以上は期間を空けないと審査通過は非常に難しくなります。 すぐにお金が必要で焦る気持ちも有るかもしれませんがローンを組む以上はしっかりとした返済計画を立てないと破綻への道に進んでしまう事になります。そう言った事にならない為に事前に計画立てする事も必要になります。

年収の三分の一以上はお金を借り事は出来ない

読了までの目安時間:約 2分

昔と違って今の金融会社は年収の三分の一以上のお金を貸し付けることが基本的には出来ません。私はそれ以上を借入しようと思いましたが、審査がどこも通らずに悔しい思いをしたことがありました。いろいろと調べてみると、年収の三分の一以上を貸せないようになったみたいです。以前はそうではなかったのですが、自己破産や任意整理が増えたせいではないかと考えています。基本的にはと書きましたが、資産がある方は別です。例えば一戸建て住宅やマンションなどを所有している方は、不動産を担保にお金を借りることが出来ます。その時は年収の三分の一以上に借りることも可能です。不動産の価値で利用限度額を決めるはずなので、返済がもし滞った場合でも金融会社が損をすることはないからです。不動産を差し押さえて売却が出来れば貸したお金が回収できるからです。キャッシングのカードローンで限度額を上げようと思えば、担保を付けると言う方法がありますが、担保になりうる不動産にも審査があります。銀行への返済が基本10年以上ないと担保融資を受けることは厳しいと思います。10年以上銀行に住宅ローンを返済している方は、逆に担保ローンんが受けやすくなります。私も返済が10年未満の時は融資を断られましたが、10年を過ぎると審査に通りました。返済期間が重要なのだなと感じました。

キャッシングの金利計算は借入額が違っても同じ方法

読了までの目安時間:約 2分

お金を借入する時に1番気になるのが、幾ら利息がかかるのかっと言う事でしょう。利息が安い方がお得に借入出来るから、できるだけ金利の安い金融企業に借入したいと思うことでしょう。そんなキャッシングの金利は、借入金額に応じて幅があります。10万円借りてるのと、100万円借りるのとでは、金利が変わって来るのですそれで、この金額を借入したのなら、幾らの金利が掛かるのかと、計算して借入すると、検討しやすいと思います。金利は幅がありますが、金利は企業によって違いがありますから、その企業ごとに金利計算をしてみて見比べてみると利息が安くなる企業を選ぶ事ができるでしょう。1ヶ月で幾ら利息が掛かるのかと見たい場合には、もしも10万円を18パーセントの年利で借りた時には、1ヶ月を30日として計算してみると、10万(円)×0.18(18パーセント)÷365(日)×30(日)と言う計算方法になります。この計算では1479円です。そして10万円ではなくて、金利が18%である50万円を借りた場合には、50万×0.18÷365×30で7397円が利息分となります。このように金利が同じで有る場合には、多く借入をすると利息が多くなるのです。しかし高額を借入すると、金利が低くなりますので、余り変わらない金額であるのならば、金利が安くなるために、少し多めに借入するとお得になる場合もあるでしょう。キャッシングの金利の計算方法は、大きな金額を借入しても、金利のパーセントが変わっても計算方法は同じです。借入金額を当てはめてみて、幾ら利息が掛かるのか、試してみると良いでしょう。

Hello world!

読了までの目安時間:約 1分

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー