銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

カードローンの主な審査基準として考えられるもの。

読了までの目安時間:約 3分

■カードローンの審査基準について まずカードローンの審査の基準としては申し込み内容に不備が有れば即弾かれてしまいます。その他の審査基準としては考えるものは以下のものが考えられます。 ・申し込みブラックになっていないかどうかを確認しています。(1か月以内に複数件数の申し込みを行っていている事) ・借り入れの件数及び残高を確認しています。(いずれも少ない方が審査が通りやすいと言えます) ・以前に債務整理等を行っていないかや返済の延滞等の事故情報が信用情報機関に送られていないかを確認します。(延滞等の情報が登録されていれば勿論審査は通りにくく  なってしまいます)■信用情報機関について カードローン以外でもローンの審査の際に情報を確認する機関に信用情報機関という所がありますが、日本では主に3か所有ります。JICCとCICと全国銀行協会と有り、それぞれの情報機関に加盟している会社や銀行は異なりますがいずれの情報機関の情報もリンクして確認する事が出来ます。例えばCICに延滞の情報が登録されていると他の機関でも情報が確認できますので銀行のローンなどの審査が通らなくなった等といった事が有ります。■審査への対策として 審査に少しでも通りやすくするためには第一は正確に申し込み事項を記入する事です。特に借り入れ件数や残高等についてはごまかしても審査の時にバレてしまい審査に落ちやすくなってしまいます。第二としては借り入れ希望金額を欲張りすぎない事です。あまりにも借り入れ希望金額が高い場合は審査が慎重になってしまい少しのネガティブな情報だけでも落とされてしまう事も有ります。第三に短期間で多くの件数を申し込み過ぎない事です。短期間に申し込み件数が多いという事はお金に逼迫していると思われていても仕方有りません。最低限一度否決になったら3か月以上は期間を空けないと審査通過は非常に難しくなります。 すぐにお金が必要で焦る気持ちも有るかもしれませんがローンを組む以上はしっかりとした返済計画を立てないと破綻への道に進んでしまう事になります。そう言った事にならない為に事前に計画立てする事も必要になります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー