銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

キャッシングの金利計算は借入額が違っても同じ方法

読了までの目安時間:約 2分

お金を借入する時に1番気になるのが、幾ら利息がかかるのかっと言う事でしょう。利息が安い方がお得に借入出来るから、できるだけ金利の安い金融企業に借入したいと思うことでしょう。そんなキャッシングの金利は、借入金額に応じて幅があります。10万円借りてるのと、100万円借りるのとでは、金利が変わって来るのですそれで、この金額を借入したのなら、幾らの金利が掛かるのかと、計算して借入すると、検討しやすいと思います。金利は幅がありますが、金利は企業によって違いがありますから、その企業ごとに金利計算をしてみて見比べてみると利息が安くなる企業を選ぶ事ができるでしょう。1ヶ月で幾ら利息が掛かるのかと見たい場合には、もしも10万円を18パーセントの年利で借りた時には、1ヶ月を30日として計算してみると、10万(円)×0.18(18パーセント)÷365(日)×30(日)と言う計算方法になります。この計算では1479円です。そして10万円ではなくて、金利が18%である50万円を借りた場合には、50万×0.18÷365×30で7397円が利息分となります。このように金利が同じで有る場合には、多く借入をすると利息が多くなるのです。しかし高額を借入すると、金利が低くなりますので、余り変わらない金額であるのならば、金利が安くなるために、少し多めに借入するとお得になる場合もあるでしょう。キャッシングの金利の計算方法は、大きな金額を借入しても、金利のパーセントが変わっても計算方法は同じです。借入金額を当てはめてみて、幾ら利息が掛かるのか、試してみると良いでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー