銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

銀行カードローンの審査で在籍確認の流れを解説!

年収の三分の一以上はお金を借り事は出来ない

読了までの目安時間:約 2分

昔と違って今の金融会社は年収の三分の一以上のお金を貸し付けることが基本的には出来ません。私はそれ以上を借入しようと思いましたが、審査がどこも通らずに悔しい思いをしたことがありました。いろいろと調べてみると、年収の三分の一以上を貸せないようになったみたいです。以前はそうではなかったのですが、自己破産や任意整理が増えたせいではないかと考えています。基本的にはと書きましたが、資産がある方は別です。例えば一戸建て住宅やマンションなどを所有している方は、不動産を担保にお金を借りることが出来ます。その時は年収の三分の一以上に借りることも可能です。不動産の価値で利用限度額を決めるはずなので、返済がもし滞った場合でも金融会社が損をすることはないからです。不動産を差し押さえて売却が出来れば貸したお金が回収できるからです。キャッシングのカードローンで限度額を上げようと思えば、担保を付けると言う方法がありますが、担保になりうる不動産にも審査があります。銀行への返済が基本10年以上ないと担保融資を受けることは厳しいと思います。10年以上銀行に住宅ローンを返済している方は、逆に担保ローンんが受けやすくなります。私も返済が10年未満の時は融資を断られましたが、10年を過ぎると審査に通りました。返済期間が重要なのだなと感じました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー